moritaku-PT’s blog

〜文章術とかライティングとかもう疲れてた。『好きなように書いていく』ひねくれ医療従事者blog〜

読書感想文『嫌われる勇気』岸見一郎 古賀史健 著 現代を上手に生き抜くヒントになる!

f:id:moritaku-PT:20201008143620j:plain

 

今日は僕が最近読んだ『嫌われる勇気』の読書感想文です

 

読んでいて印象的だった部分を紹介していきます。

 

今現在人間関係のことで悩んでいて、この先どうしていけばいいのか、

 

わからなくなった方へ何かヒントのような道筋のような物を与えてくれる1冊なので、

 

そういった方へぜひ読んで頂きたいです。

 

 

 

こんな人は読むべき

・対人関係の仕事で悩みを抱えている人

・人とのコミュニケーションが苦手で、緊張してまう人

・ストレスフリーで生きていきたい人

 

著者「岸見 一郎」という人  

 

哲学者。1956年京都生まれ。

 

高校生の頃から哲学を志し、大学進学後は先生の自宅に度々押しかけては議論をふっかける。

 

京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。

 

専門哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。

 

精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院で多くの青年のカウンセリングを行う。

 

日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。訳書にアルフレッド・アドラーの『個人心理学講義』『人はなぜ神経症になるのか』、著書に『アドラー心理学入門』など多数。本書では原案を担当。

出典:『嫌われる勇気』より抜粋

 

著者「古賀 史健」と言う人

株式会社バトンズ代表。ライター。

 

1973年生まれ。書籍のライティング(聞き書きスタイルの執筆)を専門とし、ビジネス書やノンフィクションで数多くのベストセラーを手がける。

 

臨場感とリズム感あふれるインタビュー原稿にも定評があり、インタビュー集『16歳の教科書』シリーズは累計70万部を突破。

 

20代の終わりにアドラー心理学と出会い、常識を覆すその思想に衝撃を受ける。

 

その後何年にもわたり京都の岸見一郎氏を訪ね、アドラー心理学の本質について聞き出し、本書ではギリシア哲学の古典的手法である「対話篇」へと落とし込んだ。

 

単著に『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

出典:『嫌われる勇気』より抜粋

 

印象に残ったところ

早速、僕がこの本を読んでいる上で印象深く、そこから感じたことや皆様に伝えたい部分を本文を抜粋させていただきながら、紹介していきたいと思います。

 

怒りを捏造する

これは具体的に言うと、人は相手を屈服させることを目的として怒りをあらわにすると言う考え方です。

 

僕は特に話し合いや議論の場でこういった、感情に任せて相手に対してマウントを取ろうとする人よく見かけます。

 

よく考えてみると話し合いや議論の場って、問題を解決する場じゃないですか。

 

特に怒る必要って全くないんですよね。

 

怒らないと言う選択もできる中で、あえて怒る・感情的になる選択をする人は、

 

もう問題解決が目的ではなくて、

 

相手を威嚇して制することが目的になってしまっているので、

 

それ以上話していても時間の無駄でしかありません。

 

僕もたまにこういう人に飲まれそうになる時があるので注意したいと思いました。

 

変わりたいけど変われない人へ

僕も変わりたいけど変われずにいる人の一人です。

 

変わろうとして常に本を読んだり、人の話を聞いたり試行錯誤しているのですが、

 

どこかすぐに答えを見つけて、すぐに変わってやろうとしてる部分がありました。

 

この本で書かれていた

 

「変わることの第1歩は知ること。答えは自分で見つけ、答えを急ぐな。他者から教えられた知識は所詮対処療法でしかない。」(出典:嫌われる勇気)

 

と言うところを見て、

 

今までの自分の行動を肯定されながらも、

 

どこか焦っていた自分に注意喚起されたような気がしてすごく刺激を受けました。

 

可能性の中に生きるのをやめよう

これはどういうことかというと、言い訳が多い人でよくいう「もし〜だったらできる」という人です。

 

例でいうと「もし自分に時間さえあれば、お金持ちになれる」みたいな。

 

なぜ人はこういった言い訳をしてしまうのかということについても、

 

論理的に述べられています。

 

僕自身も度々こういう言い訳をしてしまいます。

 

どういう状況の時に自分はこういう言い訳をしてしまうのだろうと考えてみました。

 

そしたら大抵、やったことのないことをやる時か、目標達成に関して不安がある時なんですよね。

 

実際にやってみたら案外そうでもなかったりするんですよね。笑

 

そう考えたら、やるまでに抱いていた不安とか言い訳している時間って

 

いかに無駄なことなのかに気づくことができました。

 

なんかこの本は、

 

その時の僕の気持ちをしっかりと言語化されたような気がしてすごく刺さりましたね。

 

全ての悩みは対人関係にある 

自分自身の個人的な悩みだと思っていたことが、

 

そうではなく常に他人が絡んでいるという指摘に、

 

よく考えてみてその悩みを深掘りしてみると確かにそういう側面があった。

 

例えば僕の悩みの一つである集客のことに関して。

 

これは僕のチラシ・ホームページのデザイン能力や、集客の仕方が原因だと思いっていたが、

 

そこには前提条件としてお客様がどんなことを望んでいるか。

 

という他者の幸せを考えたもので、対人関係が隠れていたことに気づかされました

 

劣等感について

今話した対人関係の話にも繋がってくると思うのですが、

 

誰しも生きていく上で何かと自分を比較して、劣等感を感じてしまうことがあります。

 

そんな劣等感との向き合い方、プラスにするための考え方が書かれています。

 

僕はこれを読んで、劣等感や悩みに関しての考え方が変わりましたね。

 

なんか僕は悩みやわからないことがあるとすぐ他者へ相談しようとしていたのですが、

 

その前により自分自身の中で深掘りし、自分だけで解決できることも増えました。

 

まだ完璧ではありませんが、これが劣等感をバネにするということなのかなと思います。

 

ここから(自分で事業をしている人必読!)

人・物事の価値に関して

ここは価値の成り立ちがよくわかる一場面でありました。

 

これを自分の事業に落とし込んで見ると、、、

 

自分がしている介護予防事業も函館市では全く行われていないサービスで

 

地域住民全員がその価値を認識しているわけではありません。

 

だから良いとか悪いとかではなく、

 

価値を知らないからそもそも利用されなくて当たり前。と思っておくことが大切だと感じました。

 

そう考えると、営業している際に断られたり、嫌な顔をされたりしてもにメンタル的に落ちこみにくくなります。

 

また話を聞いてくれる、自分のサービスを利用してくれる人がいた時には

 

ものすごい嬉しい気持ちになることができます。

 

現段階では価値がないものなので、そこにどう価値をつけていくか。

 

自分の事業を展開していく点で参考になりました。

 

競争から降りて、みんな仲間だという意識

初めて行う分野では仕方のないことですがどうしても自分の事業をしていると、

 

他の人の知識や情報などから学び、参考にします。

 

他の人の経営を学べば学ぶほど、自分自身の無能さに落ち込んでしまう部分がありました。

 

これをしているうちに、自分ではそんなつもりがなくても

 

自然と競争意識が生まれてしまった部分もあります。

 

こういった中で正直僕自身も、他人と自分を比較し劣等感を感じてしまっていました。

 

ただこの本で話している、

 

他者との比較するのではなく理想の自分と比較し、

                今の自分より前に進もうとすることに価値がある。

 

という言葉には非常に勇気をもらいました。

 

 

ここから(仕事上の対人関係で悩んでいる人必読!)

我慢の概念をなくす

対人関係で相手に嫌なことを言われたら「我慢する」という感覚をなくす。

 

この本ではその感覚があること自体、権力争いや競争をしている証拠だ。

とも言っています。

 

僕自身も対人関係の仕事なので、職員や患者さんに色々言われることがあります。

 

そういう場面になった時に我慢してひたすら耐えているような感覚だったのですが、

 

そうなること自体が間違っていることに気がつきました。

 

これはコミュニケーションの上で自分にはない新たな視点が見えたし、

 

これからの対人関係に生かせる内容でした。

 

課題の分離 

特にこれは対人関係の仕事において、とても重要な視点だと思います。

 

どういうことか簡潔に説明すると、、、

 

他人の問題はその人自身にしか解決できないから、深くは踏み込むなということです。

 

ただここで重要なのが、相手には課題の必要性を伝え

いつでも援助する姿勢を見せた上でということです。

 

僕もリハビリを嫌がる患者をなんとか説得してリハビリをしてもらおうとしますが、

 

なかなか理解されずに、患者さんの方から離れていってしまう事もあります。

 

自分が良かれと思ってしたことが逆効果だったパターンです。

 

いくら良かれと思ってやったことでも、

 

一度自分の中でそれが相手にとって良いことか、判断する必要があると感じました。

  

大きな共同体への意識

これはとても対人関係において使える考え方で、

 

僕が担当しているデイサービスの利用者に、欠如している方が多い印象です。

 

デイサービスは主に高齢者の利用がほとんどなので、仕事を退職した方々ばかりです。

 

この方々に多くみられるのが会社や仕事をやめた途端、

 

何か孤独感を感じ元気を失ってしまう現象です。(これがこの本でいう共同体への意識がない方です)

 

この現象に付随して、日常的な活動性や身体機能も低下し、

 

リハビリをしてもなかなか改善が見られないということが多々あります。。

 

なのでそういった方達への関わりはすごくリハビリの上では重要となってきますが、

 

この本の大きな共同体への意識はそういった利用者のマインドを変える上ですごく参考になりました。

 

まとめ

僕は医療職なので特に医療の現場で働いている時の目線で読み進めてみました。

 

総じて医療職だけではなく全ての職種において役に立ちますし、

 

これから上手にストレスフリーで生きたいくための、考え方が満載です。

 

ぜひ1度読んでみてください! 

 

 

  

過去の厳選読書感想文

www.moritaku-pt.com

www.moritaku-pt.com

www.moritaku-pt.com

 

 

 

最後まで読んでいただき感謝いたします。

 

この記事がよければスターやブックマークお願いいたします。

 

合わせてツイッターやっておりますので、フォローもお願いいたします😄