moritaku-PT’s blog

〜文章術とかライティングとかもう疲れてた。『好きなように書いていく』ひねくれ医療従事者blog〜

5分でわかる!!本日のポンコツ上司『1度言ったことを覚えていない』そんな時の対策。

f:id:moritaku-PT:20200527171608p:plain
 

今日は久々にやってまいりました、ポンコツ上司シリーズです。

 

僕の職種は医療系(リハビリ)なのですが、

 

そんな世界で僕が出会った、ポンコツ上司についてシリーズ化し、毎回記事にしていました。

 

バックナンバーはこちら。。

www.moritaku-pt.com

www.moritaku-pt.com

 

やつは最近またおかしな事を言い出したので、記事にしようと思います。

 

皆さんの周りにもいませんか?『1度言ったことを覚えていない上司』

 

 

『1度言ったことを覚えていない』上司の実態

この上司は自分の言ったことをあまり覚えておらず、

 

同じことを何回も確認する上司だったのです。

 

心配性で何回も確認したいのか、ただ覚えてないだけなのかわかりませんが、

 

僕は思います。

 

「それさっきも言ってたよ!」「また同じ話するんかい!!」

 

読者の皆さんには、

「お前が何回言ってもできないだけなんじゃないのか!!」と言われそうですが、

 

同じ職場の方々の意見を聞いていると、どうやらそうでもないようです。

 

このような上司はどう言った弊害があるのか

話が長い。

これ僕だけじゃなく、職場の人の多くが言っている意見なのですが、

 

話がものすごく長いです。

 

僕がその上司に相談や連絡をするときに特にそう感じます。

 

話にまとまりがなく、今話した内容をもう一度話したり、

 

最終的には脱線したりして無駄な時間を過ごすことが多々あります。

 

全員で一回決定したことを再度議論しようとする

なんかリハビリの会費に関してのことを話し合って、みんなで決めた時のことです。

 

全員で納得して決めたことなのに、後になって自分の個人的な意見とか理由で、

 

もう一回議論しようとしたんですよね。

 

そんな時間の無駄ってあります??笑

 

僕がしている対処法

同じことを何回も言っていることを伝える。

結局こういう上司って、自分が何回も同じ話していることに気づいてないんですよね。

 

だから話が脱線したり同じことを繰り返すような上司には

 

素直に伝えてあげることがベストなんですよね。

 

自分が理解している内容は、あらかじめ伝えておく

とはいえ上司のせいではなく、自分が理解していない可能性は

 

否定できないので、効率よく進めるために伝えておく必要はあります。

 

まとめ

皆さまいかがでしたでしょうか。

 

こんな上司、職場に一人はいますよね。。

 

こんな上司に出会っても、決してイライラせずに、

 

自分が成長できる良い機会だと思って、うまく扱っていきましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただき感謝いたします。 

 

この記事がよければスターやブックマークお願いいたします。

 

合わせてツイッターやっておりますので、フォローもお願いいたします😄