moritaku-PT’s blog

〜文章術とかライティングとかもう疲れてた。『好きなように書いていく』ひねくれ医療従事者blog〜

読書感想文『これからの会社員の教科書』田端 信太朗 著

f:id:moritaku-PT:20200420113425p:plain
 

今日は僕が最近読んでいる『これからの会社員の教科書』の読書感想文です。

 

 

 

僕が読んでいて印象的だった部分を紹介していきます。

 

 

 

著者『田端 信太朗』と言う人

株式会社ZOZO執行役員コミュニケーションデザイン室長。(現在は退職を決意し、新たな道へ)

 

1975年 石川県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。

 

NTTデータを経てリクルートへ。フリーマガジン「R25」を立ち上げる。

 

2005年ライブドア入社、livedoorニュースを統括。

 

ライブドア事件を経て執行役員メディア事業部長に就任し、ライブドア事件後の経営再生をリード。

 

2010年から、コンデナスト・デジタルでVOGUE、GQ JAPAN、WIREDなど

 

デジタル事業開発を担当するカントリーマネージャーに就任。

 

2012年NHN Japan(現LINE)執行役員に就任。

 

その後、上級執行役員法人ビジネス担当として広告事業の責任者となり、

 

LINEを株式上場企業へと導く。

 

印象に残ったところ

早速、僕がこの本を読んでいる上で印象深く、そこから感じたことや皆様に伝えたい部分を紹介していきたいと思います。

 

上司の指示に対する部下の考え方がわかる

上司の指示に対して部下はまずどのようなことを

 

考えればいいのかがよくわかります。

 

この本に書いてあることをしっかりと考え実践していれば、

 

上司とうまく関係を築け、若手社員が仕事を任された時に、

 

どのようなことを確認すればいいかが明確になります。

 

また本当に信頼できる上司なのかどうかという、上司の質までわかる気がしました。笑

 

この本に書かれている、ダメな上司に僕自身も出会ったことがあるので、

 

とても共感できました。笑

 

しかも丁度、記事にしていたとことだったので、よければどうぞ。笑

www.moritaku-pt.com

 

「誰でもできる仕事」の重要性

単純な仕事こそ、みんな手を抜いてやりがちだし

 

そう言ったものこそ上司の期待値を超えてやればいい。

 

という言葉が、刺さりました。

 

僕自身も、特に個人で活動するときなんかは宣伝活動のために、

 

電話営業、チラシ配りなどの単純作業を行う機会があります。

 

正直、この営業に関しては中々成果が出てくれずに、落ち込んでいたところでした。

 

この本ではそう言った状況をどう捉えていくべきか、

 

著者の経験を元に書かれているので、とてもやる気にさせてくれるような内容でした。

 

また僕自身も、なんとなく分かってはいたんだけれど、

 

手を抜いてしまっているところがあったことも認識させられたので、

 

今後の課題としていこうと思いました。

 

接待の重要性・考え方

お客様やお得意様と良好な関係を気づくためのヒントが、

 

一緒に食事をすることに触れながら、様々な方法で書かれているので、

 

その考え方や行動が、非常に勉強になります。

 

トラブル対応

これって誰もが気をつけているけれど、起こしてしまうものじゃないですか。

 

特に若手社員は寝坊や遅刻などのミスです。

 

このような時ってどうしても隠したくなったりするんですよね。笑

 

ですがそうゆう時はどう言った考え方で、どのような選択をするのがベストなのか、

 

しっかりメンタル的なサポートをしてくれた上で、

 

経験を元に教えてくれるのでありがたいし参考になになります。

 

こんな人は読むべき!!

  • 僕のような若手社員
  • 大勢の部下を持つ上司

僕のような部下目線で立つと、

 

仕事の上で信頼できる『プロ』とは何かという事が明確になるし、

 

それはしっかりと先輩や上司から学び意識していく事で実践できるような内容です。

 

このように若手社員向けに会社員で、生きていくための方向性を示してくれます。

 

僕はまだなったことありませんが、上司目線で考えてみると、

 

仕事をする上でどのようなことを部下に伝え、

 

どのような方向性を示していけば良いかが明確にななります。

 

まとめ

現代の悩みや不安を抱えている若手社員に対して、

 

寄り添うところは寄り添い、また大事なところでは厳しく、

 

総じて背中を押してくれるようなアドバイスをしてくれます。

 

著者の経験がとても豊富で上司・部下どちらの目線でも、

 

経験に元づくアドバイスをしていただけるので、とても参考になる本でした。

 

最後まで読んでいただき感謝いたします。

 

この記事がよければスターやブックマークお願いいたします。

 

合わせてツイッターやっておりますので、フォローもお願いいたします😄