moritaku-PT’s blog

〜文章術とかライティングとかもう疲れてた。『好きなように書いていく』ひねくれ医療従事者blog〜

札幌→函館へ転職した理学療法士が話す!!初めての転職を成功させるには??(医療・介護職編)

f:id:moritaku-PT:20200407110154p:plain

僕が転職してから9ヶ月経過しました。

 

今日は僕が現在思う、転職しことで得られた経験や(メリット・デメリット等)

 

その時どんなサービスを利用したのかを話していきます。

 

ぜひ僕に近い年代や、その他の年代の方の参考になればと思います。

 

転職した当時の心境は、以前にも記事にしているので読んでいただければと思います。

(ブログ始めた当初に書いた記事なので、少し読みにくかもしれません笑

今の記事との変化もお楽しみください笑)

www.moritaku-pt.com

 

 

僕の現在の状況を簡単に

僕は去年の7月に転職しました。

 

以前は札幌にあります、某クリニックで理学療法士として働いていました。

 

そちらで2年半程度働いた後、現在の函館市にありますデイサービスに

 

非常勤(週4)として働き、その傍ら個人で介護予防やパーソナルトレーニングサービス

 

を提供しています。

 

詳しくは上記の記事を読んでいただければと思います。

 

職場を変えようと思ったきっかけ。

単純に前の職場では刺激がなくなり、こうなりたいなと思える人が出来たからです。

 

前職場で働きながら感じていたこと。

新卒で職場に就職した時って、ほとんどが初めての経験なので

 

毎日がすごく刺激的で充実している感じがあったんですよね。

 

しかし3年目とかになるとほとんど患者も一人で見られるようになってきて、

 

そんな環境にも慣れてくるんですよね。

 

なんかただこなすだけの毎日になるというか。

 

ただ3年目というと、新人職員の指導や委員会の参加など、

 

もちろん3年目でしか経験できない経験も数多くありましたが、

 

新人の頃に比べると刺激は少なかったです。

 

そのような状態で5年、10年その職場でなんの変化もなく過ごすのが

 

すごく嫌でした。

 

憧れる人も特にいなかった。

僕が新入職員の時は、目の前のこと全てが初めてで刺激的だったので、

 

色々教えてくれる先輩が頼もしく、「すごいなー」と思いました。

 

しかし、だんだん自分一人で色々なことができるようになってくると、

 

「すごいなー。この人みたいになりたいたなー。」っていう人が

 

居なくなってくるんですよね。

 

逆に10年とかずっと働いている人たちは

 

「なんでこんな変わり映えのない、刺激の少ない毎日を送れるのだろうか」と不思議で仕方なかったです。

 

僕が知らなかっただけかもしれませんが、その職場には積極的に行動していたり、

 

輝いている人が少なかったような気がします。

そんな毎日を過ごす中で、、、

新人の頃に比べると、刺激が少ない毎日を過ごす中で僕は少しずつ行動に出るようになりました。

 

その時思ったのは「この職場の中だけの情報量じゃ足りないなー。もっと外部から集めるべきだなー。」とか思っていたんですよね。

 

そんな中で、いろんな働き方をしている人のブログやSNSなどをみて、

 

情報を集めるようになりました。

 

そこで僕は働き方があることを初めて知りました。

 

僕がしている理学療法士なんて「正社員が当たり前だ!」とか思っていたので

 

これを知った時は、衝撃が走りましたね。。笑

 

どんな働き方をしている人がいたのか

主に理学療法士をはじめとする介護・医療職を中心に見ていました。

その中で、、、

  • 独立起業している人
  • 本業と副業を両立している人
  • 海外で活躍している人
  • 全くの異業種から介護・医療職になった人

など様々な人たちがいることに驚きました。

 

このように僕もなりたいと思うようになったのです。

 

僕が思う職場を変えるタイミング

まず職場を変えるときに正解とか、明確な基準は無いんですよね。

 

退職する際に職場の上司に「3年は頑張れ」とか「新人が育つまでは、、」とか

 

色々言われると思いますが、そんなのは1上司の個人的な見解であって、

 

あなたにとっての正解では決してない。

 

もっと早くやめたら、あなたの可能性がもっと広がる可能性だってありますからね。

 

その逆もあるかもしれません。

 

このように明確な基準なんてないし、そんなの誰にもわからないんですよ。

 

ある程度情報収集したら、すぐやめるべきです。

 

やめるときに何が大事か

それは周りの意見に流されず、必要な意見は聞き入れ参考にしながら

 

柔軟に行動し続けることです。

 

なんか人間って不思議なもんで、僕がやめるときに散々引き止めた上司や周りの人は

 

本人が充実していたり、結果を出しているところを見ると、

 

急に手のひらを返したように

 

「やめてよかったな」とか「お前ならできると思っていたよ」とか

 

言ってくるんですよね。

 

このように周りの言ってることなんかそんなもんなんですよ。笑

 

こんなのに流されて自分が行動できなくなるなんて、

 

こんなに勿体無いことないですよ!! 

 

逆に結果や行動・充実度が伴わないと、周りからは色々言われます。

 

だから大事なのはやめた後、しっかり行動を続けられるかどうか!

 

そしてその結果や充実度を周りに自信を持って伝えられるかどうかです!!

 

そして僕は転職を決断しました。

 

僕が転職する際にしたこと。

職場に伝える

僕の職場は退職予定の3ヶ月前に申告することが決まりだったので、

 

そのように伝えました。

 

まーいろんな理由つけられて、引き止められましたね。笑

 

そんなのは職場の理由であって、退職する人間には関係ないのではっきり職場に伝えました。

 

結果、希望通りに退職する日を決めることができました。

 

転職のためにした行動

まーとりあえず求人サイトで求人探しますよね笑

 

僕はなにせ初めての転職だったので、転職をサポートしてくれるサービスがあることを

 

全然知りませんでした。

 

なんか施設に直接電話かけるもんだと思っていました。

 

利用したサービス

 僕が利用したのはPT・OT人材バンクというサービスです。

 

これは理学療法士(PT)・作業療法士(OT)の資格を取得している方に

 

特化した求人サイトで、基本的に全部無料で利用可能です。

 

 僕の転職の詳しい内容や流れは記事にしているのでそちらをご覧ください。

www.moritaku-pt.com

 

簡単に説明すると、 転職活動をするにあたって、転職エージェントという

 

専門のスタッフがマンツーマンで、相談に乗ってくれたり、

 

自分にあった求人を紹介したりしてくれます。(僕の担当者は熊倉さんという方でした)

 

また職場に直接聞きにくいことも仲介役になってくれて、全て聞いてくれます。

 

僕は給与面や職場の雰囲気などバンバン聞きました。。笑

 

あとエージェントとはLINEでやりとりできるので、そこも連絡取りやすいですね。

 

少しでも転職が頭にある方は、話だけでもしてみると良いかもです。

PT/OT人材バンク

 

現在の職場

結果的に現在の職場では、就職する前に自分の意向をしっかり伝えることができたので

 

僕の働き方や活動についても理解していただき、

 

僕にとってとても働きやすい環境でとてもありがたいです。

 

もちろん、全てをくみ取ってくれるという事は難しいので、

 

その都度、職場と話すようにしています。

 

まとめ

先ほども書きましたが、大事なのはまずは行動する事。

 

決して、すぐに転職!というような大きな行動は必要ありません。

 

まずは経験者や転職エージェントに話を聞いてみる・転職サイトに登録してみるなど、

 

小さな行動で十分です。それを積み重ねていけば良いだけです。

 

今回の記事が 、今の職場環境に問題意識を感じ転職を考えている人の参考になれば幸いです。

 

また転職に関して、皆様に伝えたい内容がありましたら、記事にします!!

 

今日も行動します!!

 

 

最後まで読んでいただき感謝いたします。

 

この記事がよければスターやブックマークお願いいたします。

 

合わせてツイッターやっておりますので、フォローもお願いいたします😄

 

PT/OT人材バンク