moritaku-PT’s blog

〜文章術とかライティングとかもう疲れてた。『好きなように書いていく』ひねくれ医療従事者blog〜

本日のポンコツ上司『物事の判断をはっきり下さない』

 f:id:moritaku-PT:20200401163320p:plain

皆さんの上司はどうでしょうか。

 

何か決め事をしても、答えをぼやけさせ『物事の判断をはっきり下さない』

 

上司いませんか??

 

今日は僕が出会った、ポンコツ上司についてブログにしていきます。

 

 

ポンコツエピソード①

『物事の判断をはっきり下さない』

具体的には会議で何か物事を決定する際に、最終判断をぼやかすんですよね。

 

どのようにも取れる判断の仕方をすると言うか。

 

結局これを受けて、部下の僕としてはほとんど自分の判断で、

 

仕事に対して「こうするべきだろうな」とか意味づけをしながらしていかなければなりません。

 

僕がした仕事の結果、上司の意向と違うものになった時は

 

結局、指導されるんですよね。

 

僕は思います『最初からはっきりと判断してくれよ!!』

 

このように判断や指示が曖昧な上司にはお気をつけください。

 

僕は本人に直接このようなことを伝えて改善していただきました。

 

それでもわからなければ、もっと上の立場の人間に伝えることをお勧めします。

 

ポンコツエピソード②

『指示がはっきりしない』

エピソード①と似ている部分があるかもしれませんが、これもよくあります。

 

具体例としては、

やってほしいことをはっきりと言えばいいのに、すごく回りくどい言い方をします。

 

「〜〜だから〜〜やっといて」でいいのに、余計な話に度々脱線します。

 

僕は思います。『結局、何すればいいの!?』

 

ポンコツエピソード③

『小さなことでもすぐ会議』

僕がその時出会った主任は、小さなことでもすぐ会議を開いていました。

 

例えば患者や利用者の担当を決める際に、

 

もう担当が決まっているのに全員で話し合うとかするんですよね。

 

なんかなんでも全員集めて会議開ばいいと思いってるんですよね。

 

関係ない人はこう思うはずです。

 

『それ個人的にでよくない!?』

 

それは個人レベルで相談すればいいだけで、

 

わざわざ全員集めてミーティングするまでもないことです。

 

関係ない人は時間の無駄でしかないですからね。

 

まとめ

皆さんの周りにも、このような上司はおりますでしょうか。。 

 

このような上司と接していて僕が思うのは、

 

いくら上司とは言え、おかしいと自分が思うことはしっかりと

 

伝えてあげるということです。

 

じゃないとその上司も悪いところに気づくことができないし、

 

部下であるあなたも嫌な思いをするので、いいことはありません。

 

 

最後まで読んでいただき感謝いたします。 

 

この記事がよければスターやブックマークお願いいたします。

 

合わせてツイッターやっておりますので、フォローもお願いいたします😄