moritaku-PT’s blog

〜文章術とかライティングとかもう疲れてた。『好きなように書いていく』ひねくれ医療従事者blog〜

函館にないサービス。高齢者の運動を助ける!『訪問型リハビリ体操』

f:id:moritaku-PT:20200202121100p:plain
 

今日は僕が今行おうとしている介護予防事業の一つを紹介します。

 

僕が住んでいるまだ函館では行われていない、新たなサービスです。

 

それは『〜マンツーマンで行う〜訪問型リハビリ体操教室』

 

です。

 

どんなサービスなの??

こちらが僕が実際にお配りしているチラシです。

f:id:moritaku-PT:20200202095621p:plain

具体的なサービスの流れとしては、チラシの記載通りですが、

 

基本的にはトレーナーが自宅に訪問し、お身体の評価や

 

それにあったストレッチ・コンディショニングを提供するものです。

 

どんな人が対象なの??

基本的には介護予防事業なので、主に高齢者を対象としています。

 

その中でも特に、

・身体的に不安がある(筋力がない、運動すると痛みが出る可能性があるなど)

・運動したいがどんなことをしたらいいのかわからない

・運動する場所はあるが、遠くて行けない

・専門の人と一緒に運動したい

というような悩みを抱えている方を対象としています。

 

メリット(利用者側)

身体機能の維持・向上

特に冬季期間はそうですが、高齢者は外に出る機会が激減し身体機能も低下していくことが多いので、

 

このサービスを利用してもらい身体機能の維持・向上を目指す。

 

また利用者が高齢者が通う形にすると、身体的な問題や道路状況等により、

 

通えない場合があります。

 

訪問型にすることでそれは解消されます。

認知予防

医療機関でのリハビリのように、定期的な利用(週1〜3回程度)を想定している。

 

独居の方など外に出て他人とコミュニケーションをとる機会が少ない人は、

 

良い刺激となり認知予防にもなる。

孤独死の防止

定期的に訪問する形なので、一人で暮らしている高齢者の方には、

 

孤独死を防止することができる。

 

メリット(サービス提供者側)

生活環境に即したリハビリができる

訪問リハビリを考えてもらうと分かり易いかと思います。

 

自宅に訪問するのでその人の生活環境が一目でわかり、

 

それに即した評価やトレーニングを提供することができます。

自費リハビリを体験できる

もちろん保険は利かず完全自費となります。

 

そのため自費ならではの制度や、生じてくる責任など、

 

保険下では学べない内容を学ぶことができます。

  

現時点での問題点

このサービスを行なっていく上で、僕が感じている問題点は、、、

函館にはないサービスなのでなかなか浸透しない。

前にも記事にしているんですが、函館市は都心部と比べて、

 

自分の健康にお金を払うというような意識がかなり低いです。

 

普通僕がやろうとしているマンツーマンでの運動指導系のサービスは、

 

だいたい1時間で6000〜10000円くらいが相場だと思います。

 

函館ではその金額ではまるで受け入れられません。

 

なので僕は30分2000円という価格に設定しています。

 

交通費など諸経費考えても利益が残らない

正直30分2000円という破格は、諸経費を考えると利益ほとんど出ません笑

 

まぁ、まずこのサービスを知ってもらうことが大事かなと思い、

 

広告宣伝費だと思って始めることにしました。

 

いずれは単価を上げていかなきゃ行けないと思っています。笑

 

僕一人で行なっているサービスなので、対応できる人数に限りがある。

まだこうゆうサービスを函館で提供できているお客様は数名しかいないので、

 

僕一人でも対応できますが、今後増えるとなると対応できないし、

 

ましてや現在の仕事との両立も難しくなってくるので、

 

これは考えていかなければなりません。

 

 まとめ

まだまだ広告にしろ価格設定にしろ、試行錯誤している段階なので

 

不十分なことも多々あります。

 

今後はこのような方達にどうやって価値を提供していくか

 

考えていかなければなりません。

 

 

この記事がよければスターやブックマークお願いいたします。

 

合わせてツイッターやっておりますので、フォローもお願いいたします😄