moritaku-PT’s blog

〜文章術とかライティングとかもう疲れてた。『好きなように書いていく』ひねくれ医療従事者blog〜

職場や周りで頭の固い人の特徴〜柔らかくするコツ3選〜

f:id:moritaku-PT:20200114165929p:plain
 

あなたの周りにはいませんか??

 

自分の考えに固執してしまい意見を曲げない人。いわゆる『頭の固い人』

 

多くの場合こういった人は、周囲の仲間外れにされたり

 

煙たがられ煙たがられたりすることもあります。

 

皆さんもこういった経験あると思います。もしかしたらあなたがそうなのかも、、、

 

今回は、そんな『頭の固い人』とはどんな人なのか

 

どうすれば頭が柔らかくなるのかそのコツを伝授します!

 

『頭が硬い』とはどういう意味??

一般的に『頭が固い』とは「臨機応変に考えることができない」「融通が利かない」

 

「頑固な人」など一般的には否定的な意味で使用されることが多いです。

 

『頭が固い人』は一つの考えに囚われ、柔軟に考えることができないので、

 

周囲の意見と異なることが多かったり、煙たがられることも多いです。

 

僕の印象としては、特に上司になどある程度年齢が上の方に多い印象です。

 

『頭が固い人』の良いところ

革新的なアイデアが生まれる場合がある

意見がなかなか出ない会議の場では、アイデアを出してくれることがあります。

 

またその意見が良いものであった場合に限りますが、

 

稀にその人の意見が良いもので、採用される場合があります。

 

1つの仕事をしっかりやり遂げる

基本的には1つのことを一生懸命やってくれるので、

 

柔軟性にかけるもののしっかりと仕事をしてくれます。

 

『頭が固い人』の特徴

 人の話や他人の意見を聞いてくれない

『頭が固い人』は基本的に自分の考えが一番正しいと思っているので、

 

他人の意見を聞いてはくれません。

 

相手の意見も柔軟に取り入れることができないんですよね。

 

また自分の意見を否定されたりすると、機嫌を損ねてしまうこともあります。

 

自分の考えを曲げない

自分の考えが一番正しいとゆう認識が根本にあり、自分の考えを突き通そうとします。

 

ただ1.2回経験した内容が全てだと思ってしまっているのです。

 

変化や新しいものを受け入れるのが苦手

人間には自分の身体機能や精神面などを一定に保とうとする恒常性(ホメオスタシス)

 

というものが生まれつき備わっています。

 

本来誰しも備わっているこの恒常性が重症化したものが『頭の固い人』だと思います。

 

過去の少ない成功体験に考えが固執するため、

 

変化や新しいものは、拒絶し自分の考えを押し通してしまうのです。

 

『柔らかい頭』にするには??〜大事なコツ3つ〜

余計なプライドは捨てる

『頭の固い人』は自分の少ない成功体験からくるプライドがあり、

 

自分の考えに固執し、他人の意見を聞き入れません。

 

あなたのした成功体験は、今同じことをやって成功するとは限りません。

 

そんなプライドはすぐ捨て、相手の意見もしっかりと聞きましょう。

 

そうすれば相手の意見を聞き入れる余裕が出てくると思います。

 

常に相手の同じ立場に立って話す

『頭の固い人』自分の意見ばかり主張し、相手の立場に立てないことが多いです。

 

自分の考えを主張するのも大事なことですが、

 

「これを言ったら相手はどう感じるのか」と

 

自分の意見を客観的に捉えられるようにしましょう。

 

そうすることで相手の意見を捉えることができ、

 

自分の意見は一般的にはどうゆう判断なのか知ることができます。

 
変化や新しいものを受け入れる

時代は日々変化していきます。

 

『頭の固い人』が体験してきた成功例は、現代では通じない場合もあります。

 

こう言った変化にも対応できるように、

 

常に選択肢や考えは複数用意しておく必要があります。

 

また前述した通り、新たな考えも受け入れるような余裕を持ちましょう。

 

頭を柔らかくして『頭の固い人』から脱しよう!!

『頭が固い人』というのは日常生活の意識次第で改善します!

 

『頭が固い』とイメージがついてしまうだけで、周りから相手にされず

 

せっかくあなたに才能があったとしても生かされることがありません。

 

また『柔らかい頭』になることで、今までと違った視点で物事を

 

捉えられるようになるため、また世界が広がります。

 

まとめ

今日のコツを日々習慣化していくことで、確実に『柔らかい頭』になります。

 

皆さんにはぜひこの記事を読んでいただき、

 

参考にしていただければと思います。

 

 

この記事がよければスターやブックマークお願いいたします。

 

合わせてツイッターやっておりますので、フォローもお願いいたします😄