moritaku-PT’s blog

〜文章術とかライティングとかもう疲れてた。『好きなように書いていく』ひねくれ医療従事者blog〜

仕事で無駄な『書類』・『時間』。減らすための対策3選

 

f:id:moritaku-PT:20191227145913p:plain
 

僕はデイサービスで働いているのですが

 

『この会議いる?』『この書類いる?』

 

と何度も思ったことがあります。

 

今回はそんな働いていて感じた無駄なことの話です。

 

時間を無駄にすること3つ

重複している書類

デイサービスで働いている介護・リハビリ職員ならわかるかもしれませんが、

 

利用者の情報が乗っているフェイスシートってのがあります。

 

それは普通ケアマネージャーが作るのですが、

 

それを真似してうちの事業所でも、似たような書類をもう1枚作るんですよね。

 

『一枚でよくない?』全く意味がわかりません。

 

働いている職員もそれが無駄だと気付かずに、作業的にやってるんですよね。

 

上司の指示がはっきりしない・問題意識がない

上司がしっかりと決断できず、判断がボヤッとしてるので、

 

結果、会議がなかなか終わらずに長引いてしまう事がよくあります。

 

また先ほども言いましたが、仕事を行う上で無駄なものや非効率なものに

 

そもそも問題意識がないので、気付けないんですよね。

 

上司の話しが長い。話すタイミングが悪い。

「や、それ明日でもよくない?!」って思ったことありませんか笑

 

あと特に重要な話でもないのに「重要な話があります。」みたいな

 

もったいぶって話してくるやつ。

 

こう言う人って相手の時間を使ってしまう事に抵抗ないんですよね

   

無駄な事に気付けない人のマインド

自己満足

無駄な事が気付けない人は、物事を何も考えず作業的に行なっているため、

 

「いつものことをやり遂げた!」と言う事に達成感を抱いているので、

 

結局、自己満足になっています。

 
変化に慣れていない

いつも同じことばっかやってるので、無駄なことでもそれがルーティン化

 

してしまい、変化を好まなくなっています。

 

結果、無駄な事ばかりやってしまい、それすらも気づく事ができません。

 

周りの意見に流される

普段何も考えていないので、周りの意見に右往左往してしまい、

 

周りの意見を聞いて一番効率の良い形でまとめる事ができません。

 

言わないと分からない

基本こういった人は自分が正しいと思ってやっているので、

 

周りがはっきり「こうしたほうがいい」

 

とか言ってやらないと分からないんですよね。

 

無駄なものをなくす対策3選

上司にはっきりと言う

今の環境に慣れてしまい、言わないと分からない上司はたくさんいます。

 

しっかりと口に出し、気付かせてやりましょう。笑

 

書類や会議を見直す

気付かず作業的にやっているだけで、いらない書類はたくさんあるんですよね。

 

それをまず見直しましょう。

 

会議についても時間短縮するために、過去の記事をご参照ください。 

www.moritaku-pt.com

日頃から問題意識を持つ

常に『これ必要か?』と常に自問自答しましょう。

 

いらないと思うものは随時上司に報告して行きましょう。

 

そうする事で上も気づいて行きます。

  

まとめ

結局、こういった働く上での時間の無駄があるから、

 

残業が増えたり昼休みが無くなったりするんですよね。

 

しかも上司はその無駄に案外気づいてなかったりするものです。

 

この記事が無駄な『時間』『書類』で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

この記事がよければスターやブックマークお願いいたします。

 

合わせてツイッターやっておりますので、フォローもお願いいたします😄